umiusi45の日記

このブログはひなんじょです。 ひなんしているときは、ここにいます。

It’s a SONY!

実は、このプロジェクトに身内が係っていると知ったので
あんまり大っぴらに叩けないなぁ~
と思いながらも、

結局叩くんですけどね。




世の中どんな分野でも、頑張っていない人はいない。
アイドルとか芸能界なんてものは、それこそ「スター」だもんで
千載一遇なチャンスを掴むかどうかというのは
ふつうの職業の非で無いことはよくわかる。

そしてそれによって
悪い言い方をすれば「商品価値を利用してお金儲けを企む」人たちも存在するのは
資本主義経済を採用している我が国としては、真っ当な手段であると言うほかない
というのも良くわかる。


けどね、


たとえば、
「テレ東発のアイドル」として名高いモーニング娘。
デビューの経緯はみなさんご存じの通り。
オーディション番組「ASAYAN」で、ロックボーカリストオーディションに落ちた5人をつんく♂が「おもしろそう」と「期間限定で」ユニットを組ませたことが最初。
その、ロックボーカリストオーディションの時からの全ての過程は番組「ASAYAN」でつまびらかにされ、
それ以前から「小室ギャルソン」などのオーディション企画で盛り上がっていた同番組の中では名物企画となり、ナゴヤ球場などで5万枚のCDを手売りしたことでメジャーデビュー、その後も新人賞や紅白出演を果たすが、ゴマキこと後藤真希の加入により「みんなが知っているモーニング娘。」となった
訳で、
ローマは一日にして成らずを体現したグループでもある。

また、ソニーミュージック所属のグループであり、AKB48の「公式ライバル」という謎なポジションからスタートした
乃木坂46は、
AKBを失って「逃がした魚は大きい」と気付いたソニーミュージック関係者の陳情に依り
AKB48の秋元康によって結成されたグループ。
結成当初はその「AKB48の公式ライバル」という微妙な立ち位置からコンセプトがはっきりせず、
しかもまだまだ「アイドルといえばAKB」と言う時代が続いていたこともあって、メディア露出は一部の音楽番組以外それ程多くはなかった。
その後、朝ドラのテーマ曲「365日の紙飛行機」を歌っていた頃には、まだ「アイドル代表」としてメディア露出は多かったものの、すでに一期生や著名なメンバーが卒業したこともあり、AKB48もさすがに飽きられるようになってきたので、ここからは乃木坂46の時代になるのか?!
と思ったら、乃木坂46の仲間グループである欅坂46が引っ提げたデビュー曲「サイレントマジョリティー」がいきなり大ヒット!一気にスターダムにのし上がり、欅坂46はAKB48も乃木坂46をも凌ぐグループへと成長してしまった。
その結果歌番組でも後発の欅坂46の登場が多く、バラエティーでも未だAKB48の登場が多かった時代、AKBのように劇場公演の無い乃木坂46のメンバーは、自身の冠番組である「乃木坂ってどこ?」「乃木坂工事中」で細々と、司会のバナナマンによってバラエティー番組の素質は人知れず磨かれていった。
その後、欅坂46の「絶対的センター」平手友梨奈の卒業により欅坂46は事実上の活動停止、櫻坂46へと改名となったが、その間歌や踊りだけでなく、前述冠番組バナナマンによって鍛えられた乃木坂46のメンバーは、歌番組だけでなく、「映像研には手を出すな」などのドラマや、バラエティーでも活躍するようになった。

この乃木坂46というグループもまた、ローマは一日にして成らずを体現したグループでもあり、まだ売れて居ない時から「乃木坂ってどこ?」「乃木坂工事中」という番組を通してテレビ愛知テレビ東京が一貫して育ててきたアイドルなので、
モーニング娘。ほどでは無いモノの「テレ東が育てたアイドル」と言えなくもない存在なのではある。


そう、つまり、
アイドルというのは、そういう細々としていた過程をすっ飛ばして、いきなり提示されても
はいはいそうですか、とは受け入れられないモノなのはず
あの伝説のアイドル山口百恵などの「中3トリオ」を排出したのは、これもご存じ「スター誕生」でしたし。
(「そういう細々としていた過程をすっ飛ばして」売れたアイドルっていうのは、松田聖子が最後ではなかろうか)


でもね、「その過程」を経るためにNiziuには、Niziプロジェクトのオーディションがあったんじゃないの?
と思われるかもしれない。
しかしあのオーディションの主役は番組構成上、どう見てもオーディションに来た女の子たちではなく、JYパークの方であり、
しかも現状盛り上がっているのは日テレ各番組と一部芸能人、そして一部の韓国アイドル大好きな人たちだけという、
80~90年代のフジテレビが行っていた話題作りの方法を踏襲した、どうにも「内輪受け」としか見ることの出来ず

どうにも、「テレビが面白いと思っていることなんだから、おまえらも面白いと思えよ!」というお仕着せ感が強いのよね。
アレだけ連日連夜、日テレで取り上げられちゃうと。


NiziUが他局に出演したら日テレが儲かる? デビューに力を入れていたカラクリ:|リアルライブ


 「あまりに手厚いがそれにはカラクリがあり、同グループが稼げば稼ぐほど、日テレにも収益は入るという仕組みが出来上がっているようだ。年末にかけて他局の番組にも出演するが、その際、映像素材も日テレから借りなければならないので、日テレとしては儲かりすぎて笑いが止まらないだろう」(芸能記者)

 コロナ禍にもかかわらず、目の付けどころが良かったおかげで大幅な減収を免れたどころか、しばらくがっぽり儲けられそうだ。


しかも、

からの、

テレ朝の誇る長寿音楽番組のトリに、デビューすらしていないグループって、
どうなのよ。

まあ、Mステことミュージックステーションの「長い物には巻かれろ」スタイルは、
昨日今日始まったことではないのですが。


そして、

メジャーデビューすらしていないグループが、他の出演者を押しのけて
日本で一番メジャーな音楽番組に出演するとか。

これを「ゴリ押し」と呼ばずにどれを「ゴリ押し」と呼べるのだろう



しかし、
本当に問題なのは、これらの点では無く、

NiziU、坂道超えられず? デビューシングルの売り上げが伸びなかった理由 :リアルライブ


 初週売上31万2000枚は、「女性アーティストのデビューシングルによる初週売上枚数」の歴代2位を記録した。

 「女性アーティストデビューシングルの初週売り上げでNijiUの記録を上回っているのは、19年4月8日付の日向坂46の『キュン』で47万6000枚。確かに、デビューの時点ですでに日向坂は勢いがあったが、NijiUはすでに大ブームになっているので、もっと売れてもおかしくなかったはず」(音楽業界関係者)

ry)

 6月30日にリリースしたプレデビューとなるデジタル・ミニアルバム「Make you happy」は、オリコン週間デジタルランキングなどで初登場3部門同時に1位に輝くなど話題を集め、ミニアルバムの表題曲「Make you happy」のMVのYouTubeの再生回数は11月末までに1億8000万回を突破。デビュー曲の発売前にもかからず、紅白への初出場が決まっていたのだが…。

 「関係者が危惧していたのは、あまりにもプレデビュー曲が売れすぎてしまったところ。今後、出す曲はいずれもその曲と比較されることになってしまう。それに加え、握手会などの特典がなかったのが、デビュー曲の売り上げがそこまで伸びなかった理由では」(芸能記者)

 決して明るい要素ばかりだけではなかったようだ。

あの「縄跳びダンス」はみんなよく知っている。けど、「うさぎダンス」は知られていない。
デビュー前の「プレデビュー曲」はよく知られているし、歌われているのに
ちゃんとデビューした曲については、みんなによく知られていない。

付け焼き刃の人気は、本物に変わるまで時間がかかる。
ソニーミュージックも日テレも、「本物に変わるまで時間」が待てなかったご様子だけど、
このままでは彼女たちは
デビュー曲でない曲がヒットして、それ以降鳴かず飛ばず
一発屋どころか「ゼロ発屋」になって終わってしまいそう。



それもこれも、功を焦っているソニーミュージックと日テレのせいなんですけどね


AKB48を逃して大損こいたソニーミュージック
音楽番組が弱くなった日テレ

大人たちの論理で一番傷つくのは誰かしら

強きをくじき、弱気をくじく!


朝からバズっている話題の一つです。




透析中止の女性、死の前日に「撤回したいな」 SOSか、夫にスマホでメールも - 毎日新聞

 「とうたすかかか」。スマートフォンに残されたメールの平仮名7文字は、助けを求める最後のSOSだったのか。公立福生病院(東京都福生市)で明るみに出た「死」の選択肢の提示。亡くなった腎臓病患者の女性(当時44歳)の夫(51)が毎日新聞の取材に胸中を明かした。


 「(死亡から)半年過ぎてもダメ。何とか気持ちの整理はつけたつもりだけど、だいぶ引きずっている」。そう夫は明かす。同じ団地に住んでいた女性と知り合って約30年。結婚後は3人の子どもを2人で育てた。女性が人工透析治療を始めてからは医療機関への送り迎えなどで支えた。


 昨年8月9日、病院から突然呼び出された。見せられたのは透析治療をやめる意思確認書。いっぺんに力が抜け、受け入れるしかなかった。「透析に疲れちゃったのかな……」。迷ったことは覚えているが、承諾した理由ははっきりしない。


 死の前日(同15日)のことを悔やむ。夫によると、病室で女性は「(透析中止を)撤回したいな」と生きる意欲を見せた。「私からも外科医に頼んでみよう」。そう思って帰宅しようとしたところ腹部に痛みが走った。ストレスで胃に穴が開き、炎症を起こしていた。外科医に「透析できるようにしてください」と頼み、同じ病院で胃潰瘍の手術を受けた。翌16日、麻酔からさめると女性は既に冷たくなっていた。


 「透析治療の中止は『死ね』と言っているようなものだ」と夫は言う。治療を再開しなかった外科医に対する不信感は消えない。「医者は人の命を救う存在だ。『治療が嫌だ』と(女性)本人が言っても、本当にそうなのか何回も確認すべきだと思う。意思確認書に一度サインしても、本人が『撤回したい』と言ったのだから、認めてほしかった」


 今も胸を締め付けるのは、助けを求めたとみられる女性からの1通のメールだ。夫は手術の際、自分のスマホを病院に預かってもらった。退院して電源を入れるとメールが届いていた。「とうたすかかか」。死の当日(16日)の午前7時50分の発信。自分も病室で横たわっていた時刻だ。「とう」は「父ちゃん」の略で、夫の愛称だという。死の間際、「父ちゃん、たすけて」と打とうとしたのではないか――。


 形見になった平仮名の7文字。「あの時すぐにメールを見ていれば、助けに行って、透析治療を受けられるようにしてあげたのに。今も生きててほしかった」【斎藤義彦】


都が立ち入り検査 「自己決定ゆがめられなかったか」など調査へ

 東京都医療安全課は6日午後、医療法に基づき公立福生病院を立ち入り検査した。同法は病院の設置許可や管理・運営を規定。都道府県知事などは必要があれば検査を実施し、カルテなどの資料を提出させる権限がある。


 同日午後3時40分ごろ、都医療安全課の職員数人が病院に入り、検査は午後6時20分ごろに終了した。


 医療法は、患者に対する正確で適切な情報提供を病院側に求めている。外科医らの行為について都は今後、▽標準的な医療に基づいて治療の選択肢が提示されたか▽適切でない情報で、死亡した女性の自己決定がゆがめられなかったか――などを調べるとみられる。


 都は2016年5月~17年3月、都内の計240病院を立ち入り検査し、安全管理体制などについて181病院を文書や口頭で指導している。【矢澤秀範、梅田啓祐】






だいたい、毎日新聞社は例の「大野産婦人科事件」で
世の中の産婦人科医全てを敵に回してまで大騒ぎして、結果世の中の産婦人科を「絶滅一歩前」のレッドデーターブック状態にした前科があるので、
この話はどこまでが本質に迫ったものなのかが分かりにくい。

hokenshi.hatenablog.com
hokenshi.hatenablog.com
hokenshi.hatenablog.com


当たり前の判決:福島産科医えん罪事件 : 内科開業医のお勉強日記

そして、

無罪の人の顔をさらす毎日新聞
 ↓

大野病院医療事故:帝王切開の医師に無罪判決 福島地裁
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080820k0000e040014000c.html

人権にうるさいんじゃなかったのか・・・ほんとにあきれる新聞社・・・毎日新聞



毎日新聞グループのスポニチスポーツニッポンスポニチ)は株式会社毎日新聞社の子会社)に至ってはこうだ
 ↓

帝王切開死させた産科医に無罪判決
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080820006.html


 ↑
名誉毀損で訴えた方がよいのではないか!

TBSニュースのコメンテーター

医療事故は有罪になることが難しい


 ↑
えん罪は有罪になりません



まっとうなメディア側意見もみられる・・・地方メディアの新聞占有率が高くなったというのもうなづける。在京メディアの偏向ぶりに辟易していたところであった。



毎日新聞社の社員は医者から「出入り禁止」命令を受けてもおかしくないと思うんだが
(いや、マジで)
なぜそこまで「医者を殺す」ような真似を続けるのか
本当に不思議ですね

もう終わりですか?

なんか、どんどん機能縮小していますが、

・外部サービス連携やIDコールなど、一部機能を終了します : はてなブックマーク開発ブログ
bookmark.hatenastaff.com


はてなワールド」などのような、誰が使うんだこの機能?というサービスではなく、
はてなのはじまった初期からあるサービスなのに、無くなるらしいですね、「IDコール


Twitterの無かった昔は、IDコールだけで会話をしたりしたものです。
はてブ」のコメント欄では100文字しか書けないので、ブックマークを「さらにブックマーク」して論議する「metaブ」なんてもの有ったわけですが、
まあ、最近はさすがにそこまでして「はてブ」で論議する人は見かけなくなりましたよね。


そして、はてなブログから入ってこられた最近の方にとっては、IDコール文化は
「良くわから無い、怖いもの」なのでしょう。

リンクを載っけるだけで
論議を吹っ掛けてきた」と思われるという、恐怖の機能wwww


平成ももう半年で終了します。
「アルファーはてなー」さんたちの文化も
もう終焉を迎えるのでしょうねぇ~

君島、はてダやめるってよ!

まあ、いつかは来るだろうと思っていましたよ、正直言うと

2019年春「はてなダイアリー」終了のお知らせと「はてなブログ」への移行のお願い : はてなダイアリー日記


だって、「はてなブログ」の人気は、高いんだもの。。。。。みつを


はてなダイアリー(通称:はてダ)」は、「はてな記法」という独特な「HTMLでも無いなんだかわから無いモノ」で書くので*1、他の「アメブロ」なんかよりも「初心者がとっつきにくい」かったのよね。


その点、「はてなブログ」は書きやすく編集しやすいので、

  • アメブロに行かない「芸能人じゃ無い人」
  • ヤフーブログに行かない「ダサいフォーマットをいじりたい人」
  • FC2ブログに行かない「ノーマルな人」
  • 忍者ブログに行かない「メジャーを好む人」
  • gooブログに行かない「普通の人」


に大人気ですよね。

はてなブログの開発当初から、「はてなダイアリーがあるのにブログをなぜ作るのか?」「サービスの違いがわかりづらい」といったご意見も頂戴しながら、より良いサービスを目指して開発してまいりました。正式化から5年が経ち、ユーザー数でははてなブログはてなダイアリーを圧倒するようにもなりました。

そりゃそうなりますわ。わたしでもわかります。


でも、引っ越しって、面倒なのよww
一応「はてなブログ」でもアカウント取ったけど、絶賛放置中。

しかし、はてなダイアリーを支えるシステムがレガシー化し、今後の継続的な運用がより困難になってきているという状況があります。また、2つのブログサービスを継続してメンテナンスするよりも、より新しいはてなブログに開発リソースを集中していく方が、ユーザーの皆さまの期待に沿えるのではないかとも考えました。

ry)

はてなダイアリーでは2010年5月に大きなバージョンアップを実施しましたが、現在ではスマートフォンアプリや常時SSL接続などにも対応できていません。その代替として、はてなブログは新しい動向にも追従しており、今後も随時対応していく予定です。


httpsじゃないと、今後のプラウザでは見れない可能性大きいのですので、その改修やらなんやらもあるだろうし。。。。
「Chrome 68」公開、HTTPサイトに「保護されていません」の警告を開始 : CNET Japan


逆に、未だにガラケーのブラウザで見られるって、本当??それもストップするみたいだけど

サービスの終了に向けて作業を進める過程で、利用状況等に鑑みて一部の機能を先行して停止することも検討しています。現状で、以下の機能の停止を予定しています。


それと

移行しなかったはてなダイアリーの投稿データについて

はてなダイアリー終了までにユーザー様自身がはてなブログへの移行等を行わなかった場合でも、公開済みの投稿データについては引き続き閲覧できる状態を維持するように予定しています。詳細に関しては、後日あらためてご案内します。

一応サーバーに残しておいてくれるわけね!親切よ!!

まあ、ほとぼりが冷めれば、「一斉削除」が待っているわけだから、
年内にお引越しした方がいいのかもしれないわねぇ〜。

*1:ウクレレ記法」ってなによ

はてダの有名人


はてダの有名人っていうと、頭が逝っちゃってる系な方が多いけど*1、そうでなく、
ほんとうに有名人が、アメブロでなく、このはてダで書き連ねていらっしゃいます。


笑福亭鶴光のブログ:つるこうでおま!

今度9月2日午後1時から第8回鶴光の会がお江戸日本橋亭

行われます、私はまんじゅう怖い完全版 青菜 弟子ともども

上方落語満載ですぴあでも売ってます、よろしくお願い致します。


まあ、鶴光師匠レベルなら、はてな本社が対応するだろうから、何の心配もないけどさ!

*1:一応誉めてます!って言うと、なんでも許されるこのご時世

君島、○○やめるってお

いわゆる「オタ卒」する奴も知っているし、そのまま大人になった奴も沢山いることも知っている

だからまあ、無理にする必要はないのではなのかと。


何の話かというと、昨日ホットエントリーに上がっていたコレの話
僕がオタクをやめた日 - 意識高い系中島diary

僕のようにアニメに熱中したことがない人はオタクの気持ちは理解できない。彼女からすれば自分と付き合っているのに決して画面から出てくることのない存在しない女の子に憧れを抱くとは何事かという気持ちだったろう。

そして僕は二次元を捨て三次元をとった。僕がオタクをやめた日だった。

彼女の言葉を聞いてから、徐々にアニメへの熱が失われていった。


元はと言えば三次元の女の子に失望して見始めたアニメだった。


理想的な女の子と出会えた今、もはやアニメを観る必要はない。

文章が詩的だねぇ〜!若いねぇ〜!


よく読んでみると、この子は元々オタクになりたかった(2次元キャラに物凄い興味があった)というよりは、
「周りがそうだったから、環境に流されてみた」ってことかしら?

こんなはずじゃなかった。何を隠そう中学生までの自分はオタクに人権はないと思っていた。


実在しない二次元のキャラに萌えるなんて意味不明だし、何より中学校にいたオタクはみな根暗でハキハキしてないし、何より俺はお前らとは違う感を漂わせていた。オタクのくせに。

暴力が支配する僕の中学校でオタクに市民権はなかった。不良がラノベを取り上げ「お前こんなの読んでんのかよ!きしょ!」とからかい、オタクが恨めしそうな目でそいつを見ていた。

そんな光景を見ながら僕はまったくオタクに同情しなかった。ほんとにキショい。そんなふうにしか思えなかった。

あれから数年経ち、どういうわけか僕はオタクになった。これは完全に環境のせいだ。僕の高校は男子校で、変なやつしかいなかった。そしてオタクがめちゃめちゃ多かった。中学のときはクラスに2人しか居なかったオタクが高校ではクラスの半分くらいいた。校内放送ではアニソンやボカロが流れ、休み時間にオタ芸を練習してるやつらもいた。


だとしたら、元々「ライトなオタク」だったんだから、
卒業もライトに卒業したんだろうねえ〜。


思い入れもクソも無かったのだろうなあ、としか。


それって、「オタク」っていうのかしら
まあ、いいんだけど