強きをくじき、弱気をくじく!


朝からバズっている話題の一つです。




透析中止の女性、死の前日に「撤回したいな」 SOSか、夫にスマホでメールも - 毎日新聞

 「とうたすかかか」。スマートフォンに残されたメールの平仮名7文字は、助けを求める最後のSOSだったのか。公立福生病院(東京都福生市)で明るみに出た「死」の選択肢の提示。亡くなった腎臓病患者の女性(当時44歳)の夫(51)が毎日新聞の取材に胸中を明かした。


 「(死亡から)半年過ぎてもダメ。何とか気持ちの整理はつけたつもりだけど、だいぶ引きずっている」。そう夫は明かす。同じ団地に住んでいた女性と知り合って約30年。結婚後は3人の子どもを2人で育てた。女性が人工透析治療を始めてからは医療機関への送り迎えなどで支えた。


 昨年8月9日、病院から突然呼び出された。見せられたのは透析治療をやめる意思確認書。いっぺんに力が抜け、受け入れるしかなかった。「透析に疲れちゃったのかな……」。迷ったことは覚えているが、承諾した理由ははっきりしない。


 死の前日(同15日)のことを悔やむ。夫によると、病室で女性は「(透析中止を)撤回したいな」と生きる意欲を見せた。「私からも外科医に頼んでみよう」。そう思って帰宅しようとしたところ腹部に痛みが走った。ストレスで胃に穴が開き、炎症を起こしていた。外科医に「透析できるようにしてください」と頼み、同じ病院で胃潰瘍の手術を受けた。翌16日、麻酔からさめると女性は既に冷たくなっていた。


 「透析治療の中止は『死ね』と言っているようなものだ」と夫は言う。治療を再開しなかった外科医に対する不信感は消えない。「医者は人の命を救う存在だ。『治療が嫌だ』と(女性)本人が言っても、本当にそうなのか何回も確認すべきだと思う。意思確認書に一度サインしても、本人が『撤回したい』と言ったのだから、認めてほしかった」


 今も胸を締め付けるのは、助けを求めたとみられる女性からの1通のメールだ。夫は手術の際、自分のスマホを病院に預かってもらった。退院して電源を入れるとメールが届いていた。「とうたすかかか」。死の当日(16日)の午前7時50分の発信。自分も病室で横たわっていた時刻だ。「とう」は「父ちゃん」の略で、夫の愛称だという。死の間際、「父ちゃん、たすけて」と打とうとしたのではないか――。


 形見になった平仮名の7文字。「あの時すぐにメールを見ていれば、助けに行って、透析治療を受けられるようにしてあげたのに。今も生きててほしかった」【斎藤義彦】


都が立ち入り検査 「自己決定ゆがめられなかったか」など調査へ

 東京都医療安全課は6日午後、医療法に基づき公立福生病院を立ち入り検査した。同法は病院の設置許可や管理・運営を規定。都道府県知事などは必要があれば検査を実施し、カルテなどの資料を提出させる権限がある。


 同日午後3時40分ごろ、都医療安全課の職員数人が病院に入り、検査は午後6時20分ごろに終了した。


 医療法は、患者に対する正確で適切な情報提供を病院側に求めている。外科医らの行為について都は今後、▽標準的な医療に基づいて治療の選択肢が提示されたか▽適切でない情報で、死亡した女性の自己決定がゆがめられなかったか――などを調べるとみられる。


 都は2016年5月~17年3月、都内の計240病院を立ち入り検査し、安全管理体制などについて181病院を文書や口頭で指導している。【矢澤秀範、梅田啓祐】






だいたい、毎日新聞社は例の「大野産婦人科事件」で
世の中の産婦人科医全てを敵に回してまで大騒ぎして、結果世の中の産婦人科を「絶滅一歩前」のレッドデーターブック状態にした前科があるので、
この話はどこまでが本質に迫ったものなのかが分かりにくい。

hokenshi.hatenablog.com
hokenshi.hatenablog.com
hokenshi.hatenablog.com


当たり前の判決:福島産科医えん罪事件 : 内科開業医のお勉強日記

そして、

無罪の人の顔をさらす毎日新聞
 ↓

大野病院医療事故:帝王切開の医師に無罪判決 福島地裁
http://mainichi.jp/select/jiken/news/20080820k0000e040014000c.html

人権にうるさいんじゃなかったのか・・・ほんとにあきれる新聞社・・・毎日新聞



毎日新聞グループのスポニチスポーツニッポンスポニチ)は株式会社毎日新聞社の子会社)に至ってはこうだ
 ↓

帝王切開死させた産科医に無罪判決
http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20080820006.html


 ↑
名誉毀損で訴えた方がよいのではないか!

TBSニュースのコメンテーター

医療事故は有罪になることが難しい


 ↑
えん罪は有罪になりません



まっとうなメディア側意見もみられる・・・地方メディアの新聞占有率が高くなったというのもうなづける。在京メディアの偏向ぶりに辟易していたところであった。



毎日新聞社の社員は医者から「出入り禁止」命令を受けてもおかしくないと思うんだが
(いや、マジで)
なぜそこまで「医者を殺す」ような真似を続けるのか
本当に不思議ですね

もう終わりですか?

なんか、どんどん機能縮小していますが、

・外部サービス連携やIDコールなど、一部機能を終了します : はてなブックマーク開発ブログ
bookmark.hatenastaff.com


はてなワールド」などのような、誰が使うんだこの機能?というサービスではなく、
はてなのはじまった初期からあるサービスなのに、無くなるらしいですね、「IDコール


Twitterの無かった昔は、IDコールだけで会話をしたりしたものです。
はてブ」のコメント欄では100文字しか書けないので、ブックマークを「さらにブックマーク」して論議する「metaブ」なんてもの有ったわけですが、
まあ、最近はさすがにそこまでして「はてブ」で論議する人は見かけなくなりましたよね。


そして、はてなブログから入ってこられた最近の方にとっては、IDコール文化は
「良くわから無い、怖いもの」なのでしょう。

リンクを載っけるだけで
論議を吹っ掛けてきた」と思われるという、恐怖の機能wwww


平成ももう半年で終了します。
「アルファーはてなー」さんたちの文化も
もう終焉を迎えるのでしょうねぇ~

君島、はてダやめるってよ!

まあ、いつかは来るだろうと思っていましたよ、正直言うと

2019年春「はてなダイアリー」終了のお知らせと「はてなブログ」への移行のお願い : はてなダイアリー日記


だって、「はてなブログ」の人気は、高いんだもの。。。。。みつを


はてなダイアリー(通称:はてダ)」は、「はてな記法」という独特な「HTMLでも無いなんだかわから無いモノ」で書くので*1、他の「アメブロ」なんかよりも「初心者がとっつきにくい」かったのよね。


その点、「はてなブログ」は書きやすく編集しやすいので、

  • アメブロに行かない「芸能人じゃ無い人」
  • ヤフーブログに行かない「ダサいフォーマットをいじりたい人」
  • FC2ブログに行かない「ノーマルな人」
  • 忍者ブログに行かない「メジャーを好む人」
  • gooブログに行かない「普通の人」


に大人気ですよね。

はてなブログの開発当初から、「はてなダイアリーがあるのにブログをなぜ作るのか?」「サービスの違いがわかりづらい」といったご意見も頂戴しながら、より良いサービスを目指して開発してまいりました。正式化から5年が経ち、ユーザー数でははてなブログはてなダイアリーを圧倒するようにもなりました。

そりゃそうなりますわ。わたしでもわかります。


でも、引っ越しって、面倒なのよww
一応「はてなブログ」でもアカウント取ったけど、絶賛放置中。

しかし、はてなダイアリーを支えるシステムがレガシー化し、今後の継続的な運用がより困難になってきているという状況があります。また、2つのブログサービスを継続してメンテナンスするよりも、より新しいはてなブログに開発リソースを集中していく方が、ユーザーの皆さまの期待に沿えるのではないかとも考えました。

ry)

はてなダイアリーでは2010年5月に大きなバージョンアップを実施しましたが、現在ではスマートフォンアプリや常時SSL接続などにも対応できていません。その代替として、はてなブログは新しい動向にも追従しており、今後も随時対応していく予定です。


httpsじゃないと、今後のプラウザでは見れない可能性大きいのですので、その改修やらなんやらもあるだろうし。。。。
「Chrome 68」公開、HTTPサイトに「保護されていません」の警告を開始 : CNET Japan


逆に、未だにガラケーのブラウザで見られるって、本当??それもストップするみたいだけど

サービスの終了に向けて作業を進める過程で、利用状況等に鑑みて一部の機能を先行して停止することも検討しています。現状で、以下の機能の停止を予定しています。


それと

移行しなかったはてなダイアリーの投稿データについて

はてなダイアリー終了までにユーザー様自身がはてなブログへの移行等を行わなかった場合でも、公開済みの投稿データについては引き続き閲覧できる状態を維持するように予定しています。詳細に関しては、後日あらためてご案内します。

一応サーバーに残しておいてくれるわけね!親切よ!!

まあ、ほとぼりが冷めれば、「一斉削除」が待っているわけだから、
年内にお引越しした方がいいのかもしれないわねぇ〜。

*1:ウクレレ記法」ってなによ

はてダの有名人


はてダの有名人っていうと、頭が逝っちゃってる系な方が多いけど*1、そうでなく、
ほんとうに有名人が、アメブロでなく、このはてダで書き連ねていらっしゃいます。


笑福亭鶴光のブログ:つるこうでおま!

今度9月2日午後1時から第8回鶴光の会がお江戸日本橋亭

行われます、私はまんじゅう怖い完全版 青菜 弟子ともども

上方落語満載ですぴあでも売ってます、よろしくお願い致します。


まあ、鶴光師匠レベルなら、はてな本社が対応するだろうから、何の心配もないけどさ!

*1:一応誉めてます!って言うと、なんでも許されるこのご時世

君島、○○やめるってお

いわゆる「オタ卒」する奴も知っているし、そのまま大人になった奴も沢山いることも知っている

だからまあ、無理にする必要はないのではなのかと。


何の話かというと、昨日ホットエントリーに上がっていたコレの話
僕がオタクをやめた日 - 意識高い系中島diary

僕のようにアニメに熱中したことがない人はオタクの気持ちは理解できない。彼女からすれば自分と付き合っているのに決して画面から出てくることのない存在しない女の子に憧れを抱くとは何事かという気持ちだったろう。

そして僕は二次元を捨て三次元をとった。僕がオタクをやめた日だった。

彼女の言葉を聞いてから、徐々にアニメへの熱が失われていった。


元はと言えば三次元の女の子に失望して見始めたアニメだった。


理想的な女の子と出会えた今、もはやアニメを観る必要はない。

文章が詩的だねぇ〜!若いねぇ〜!


よく読んでみると、この子は元々オタクになりたかった(2次元キャラに物凄い興味があった)というよりは、
「周りがそうだったから、環境に流されてみた」ってことかしら?

こんなはずじゃなかった。何を隠そう中学生までの自分はオタクに人権はないと思っていた。


実在しない二次元のキャラに萌えるなんて意味不明だし、何より中学校にいたオタクはみな根暗でハキハキしてないし、何より俺はお前らとは違う感を漂わせていた。オタクのくせに。

暴力が支配する僕の中学校でオタクに市民権はなかった。不良がラノベを取り上げ「お前こんなの読んでんのかよ!きしょ!」とからかい、オタクが恨めしそうな目でそいつを見ていた。

そんな光景を見ながら僕はまったくオタクに同情しなかった。ほんとにキショい。そんなふうにしか思えなかった。

あれから数年経ち、どういうわけか僕はオタクになった。これは完全に環境のせいだ。僕の高校は男子校で、変なやつしかいなかった。そしてオタクがめちゃめちゃ多かった。中学のときはクラスに2人しか居なかったオタクが高校ではクラスの半分くらいいた。校内放送ではアニソンやボカロが流れ、休み時間にオタ芸を練習してるやつらもいた。


だとしたら、元々「ライトなオタク」だったんだから、
卒業もライトに卒業したんだろうねえ〜。


思い入れもクソも無かったのだろうなあ、としか。


それって、「オタク」っていうのかしら
まあ、いいんだけど

原発、なくなる?

これ、全然話題になってないけど、
ひょっとしたら、ひょっとするかもしれない!
のお話。


東電・東北電、原電の2000億円調達支援 再稼働にらみ  :日本経済新聞

 東京電力ホールディングスと東北電力は14日までに、日本原子力発電が東海第2原子力発電所茨城県東海村)の再稼働に必要とする安全投資の資金2000億円超の調達を支援する方針を固めた。中部電力関西電力にも協力を呼びかけ、原電から買う電力料金の前払いや債務保証を行う。

 原電は電力大手が共同出資する原発専業会社。出力110万キロワットの東海第2のほかに、同116万キロワットの敦賀原発2号機(福井県敦賀市)がある。廃炉になっていない国内原発(未稼働含む)全体に占める原電の割合は出力ベースで5.7%。東海第2でつくった電力は東電が8割、残りを東北電が購入してきた。現在は規制委が再稼働の審査を進めている。

 原電で現在稼働する原発はない。電気を売電していた電力各社から毎年基本料金として合計約1千億円を得て固定費にあてている。

 規制委は防潮堤建設など安全投資にかかる資金の確保を審査合格の条件としている。ただ、保有原発2基がいずれも停止しており、自力で資金調達ができない。

 規制対応に必要なのは1740億円だが、関連投資を含めると総額は2000億〜2700億円に膨らむ可能性がある。原電は東電と東北電に支援を要請し、2社は応じる方針を原電に伝えた。

 原電は早ければ月内にも開く規制委の審査会合で、東電などから支援を取り付けたことを示す見通しだ。

 東電の支援表明は支払い義務を負うなどの法的拘束力を受けない形とする。東海第2が規制委の審査に合格できなかった場合などは支援を撤回する余地を残す考え。

 規制委の審査では、資金面だけでなく設計面、工事計画、運転管理体制なども認可される必要がある。全ての認可を稼働から40年目を迎える11月末までに得なければ、自動的に廃炉が決まる。


これって、「もう国は原発に金出さないよ!電力会社でなんとかして!」って経済産業省に見限られたって話よね?


原電の持つ原発は電力会社のものじゃないんだから、電力会社が何かしらの責務を負う必要は全くないのよね。
ただ、「原発廃炉が進む=自社の原発もドミノ倒しで廃炉にされる」ことを恐れた東電などが、原電を応援するって話よね?


日本の「再生エネルギー」がどこまで進んでいるのかは、実態として分かりにくいんだけど、
総理周辺の意向とは違って、経済産業省としてはもうすでに「原発を見限って、再生エネルギーにシフトしている」と見てもいいのではないのかと。

 原発を取り巻く環境は厳しさを増している。東日本大震災を機により多くの安全投資が必要になり、原発がある自治体では否定的な見方をする住民が増えた。様々な追加対策で、発電コストが大幅に上がる恐れもある。


あの地震以来、原発に対する不信感は、いわゆる「原発反対派」以外に人にも根強く、再稼働に対するハードルは上がりまくっている。
津波に依ってバックアップも機能不全になったことで、従来の何十倍もの災害対策を必要とされることとなった。


その費用を、じゃあ誰が面倒を見るのか
電力会社が費用を見る、ということは、その電気料金を支払う私たち一般市民に跳ね返ってくる問題。
以前のようにもう国が面倒を見るというのも、そろそろ無くなりそうだし。


このままであれば、いずれ日本の原発は、「経済的な理由で」全て廃炉になるような気がします。
環境的な理由でも、安全面でも、放射能の問題でも無く。
それが日本の将来にとって良いことなのか、悪いことなのかは、分かりませんが。


ある意味では、「原発反対派の勝利」とも見えます。そうじゃないんですけどねぇ。